雑記(新)(仮)

最近の
2015年9月~12月   2016年1月~8月     2016年9月~12月




8月6日

他のサイトの人も見切り発車やってくれて嬉しいね!
でも計画性も大事にね!

夏になると聞きたくなる曲

私がこのバンドを知ったときにはもう解散数カ月前でした。
とりあえずこの曲が入ったアルバムをamazonでポチり、古本屋で見つけた別のアルバムも一枚買いました。
夏というと田舎や自然といったイメージがピックアップされがちですが、この曲は都会派な夏レディース&夏ジェントルマンにも合っていると感じます。

私は虫が嫌いなので、虫が活発になる夏は季節ランキング最下位です。
外で見る分にはまだいいのですが、部屋に入ってくると小さな虫でも恐怖が膨れ上がります。
夜になると明りに誘われ、網戸にしていても虫が侵入してくるのでクーラーをつけるようにしています。
カーテンも閉めないとカナブンか何かが窓ガラスに突進してきて怖いです。

夏の空気は好きなんだけどなー。


もののののののけ姫

金曜ロードショーでもののけ姫が放送されました。
前にラピュタを放送した時にも思いましたがジブリだとEDカットされないんですね。他の映画もEDまで流しておくれよ。
もう「昔」の範疇に入りつつある作品なのに祟り神のうにょうにょした動きとかすごいですよね。
よくあんなのが描けるもんだ。

アシタカはジブリ一の男前だと思います。呪いのせいもありますが肉体的にも強く、優しく、聡明で高貴です。
タタラ場を出るときに門を開ける場面と飛んできた矢を掴んで打ち返す場面と

アシタカ「押し通る!」
侍「来いやぁぁぁぁ!!」

のやり取りが特に好きです。

山の動物達、もののけとタタラ場の人間は敵対関係にありますが、
その人徳からもののけにも人間にも彼を助けてくれる者がいる。まさに主人公です。

モロ役の三輪さんは江原なんとか氏とスピリチュアルがどうとかいう番組に出るまで知らなかったのですが
(その番組も一度も見たことはないのですが)、
本業は歌手なのかな?この頃から黄色かったんでしょうか。
ちなみに近年では伝説のポケモン・アルセウスの声優もやったりしていますが、私としては竹中直人がエンテイを演じたことのほうが
面白度は高いです。

あとヤックル可愛い。



それじゃあ明日もー、見切り発車で押し通る!!!!!



7月31日

先週、いよいよ配信開始となりました。
シリーズのファンのみならず、初めて触る人も大勢。
個性的なモンスターたちと出会う超人気ゲーム!
今こうしている間にも多くのプレイヤーが熱狂しているあのゲーム!!





そう、『世界樹の迷宮V 長き神話の果て』体験版がついに配信!!!


体験版の範囲でもわりと遊べるうえに、製品版に引き継ぎが可能!
3DSとwi-fi環境さえあれば今すぐ遊べるぞ!嘘だぞ!ダウンロードに少し時間かかるぞ!SDカードにある程度空きも必要だぞ!


体験版のなにが一番ありがたいかといえば、キャラメイクです。
前作までもキャラの見た目や名前を決めるのに悩み、「キャラメイクがクリアできねぇ……」
と言う人がいたとかいないとか。

今作では声やカラーリングを自分で選べるのでさらに難易度アップ。
色々いじくった挙句、なんだかんだでデフォルトカラーに落ち着くこともあるあるネタみたいです。
そんな訳で、発売前にキャラメイクに挑めるのは非常にありがたいことなのです。

キャラを作る際、自分で設定まで考えて遊ぶ人もいるようなので今回は私も初めて脳内設定を考えました。

リーダー フェンサー
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
没落貴族の出だが、その血に誇りを持っている。いつも明るく前向きで、【最後の銀】を結成するきっかけになった。
幼い頃に見た、銀色の剣を携え家を出た父の姿がリーダーにとっての勇気そのものである。
リーダーの家系は祖父の代まで【血染めの銀】の異名を冠する名家だったが、今では見る影もなく質素な暮らしをしている。
多くの犠牲の上に成り立った【血染めの銀】の名は自分の代で終わらせる誓いを胸に、ギルド【最後の銀】を立ち上げる。
行方不明になった父を探すため、そしてアイオリスの街に住む人の暮らしを守るため樹海探索に挑む。


 ハウンド
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
長年連れ添った夫に先立たれ、息子が一人いるが遠方で家庭を築いておりしばらく顔を合わせていない。
一人暮らしの中で虚しさを覚えていたが、リーダーとの出会いで日に日に活力を取り戻す。
近所では口うるさいことで有名で、狩猟で培った身のこなしで悪ガキを懲らしめている。
相棒の鷹は会長という名前のメスで、長が若いころから共に狩りをしてきた。
最近、総統という名前の子犬も飼い始めた。
孫と年齢の近いリーダーが放っておけず樹海に挑む。


隊長 ドラグーン
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
代々軍人の家系に生まれ、幼いころから訓練を強いられていた。
異例の若さで少佐まで上り詰めたものの、上層部の陰謀で自分の指揮する隊が全滅してしまったことをきっかけに退役。
酒におぼれる日々を送っていたが、手元の酒をひったくった長がそれを一気飲みした後に喝を入れ、立ち直る。
ギルドに入るまでは非常に高い生活水準しか経験しておらず、他のメンバーと価値観の違いが浮き彫りになることもちらほら。
【最後の銀】のメンバーを守るため、樹海に挑む。


トップ
 ウォーロック
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼だけだと言われている。
魔術学校を首席で卒業し研究者となる。
他人に心を許さず、特に他の種族を見下している。
目的を果たすために【最後の銀】に入り、他のメンバーのことは道具程度にしか思っていない。
未だ明らかになっていない古代魔法の起源を求めて樹海に挑む。


 マスラオ
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
村の大多数の者がそうであるように、彼女もまた己の腕を磨くため旅に出る。
礼儀を重んじるが、お堅い印象を持つものはおらず、年頃の女の子らしい態度で人と接する。また、思い込みが激しい。
修行の一環として樹海に挑む。


団長 リーパー
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
戦う才能がないという理由で家から出されずに過保護に育てられたお嬢様。
両親は20歳になれば護衛付きで外に出てもよいと言うが、家庭に嫌気がさして13歳で家出。
旅をしながら少しずつリーパーとして力をつけていき、15歳の誕生日にリーダーと出会い【最後の銀】に加入する。
凄腕のリーパーである姉に劣等感を抱いている。
自由気ままな性格で、わがままを言って仲間を困らせている。
ひょんなことから知り合ったリーダーについていく形で樹海に挑む。

キャプテン セスタス
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼だけだと言われている。
6人兄弟の長男で、ギルドに入った後も家族と手紙でやり取りをしている。
豪快だが人情に熱い17歳。大食いであり、自身も豪快な料理を振る舞うことがある。
強さを追い求める頭とは気が合う。
自身を鍛えるため、そして家族を養うため、一獲千金を目論んで樹海に挑む。


班長
 ハーバリスト
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
仲間の回復が主な仕事だが、隙を見つけては敵に毒をばら撒くことに喜びを見出している。
慌て者でうっかりや。誰かが喧嘩をしていると知らない者同士の場合でも仲裁に入る。
薬草学を学ぶ団体【グリーン・ウソクヤ】から別のギルドへ派遣されるはずだったが、手違いから【最後の銀に】加入する。
本人は目的さえ果たせればどこのギルドでも構わないと考えている。
まだ見ぬ薬草を採取するため樹海に挑む。


代表
 ネクロマンサー
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼だけだと言われている。
数年前に亡くしたアースラン族の友人を甦らせる方法を探して旅をしていた。
厭世的で口数は少なく、死生観の異なる頭とは折り合いが悪い。
死人を甦らせる術を求めて樹海に挑む。


ボス
 シャーマン
ギルド【最後の銀】を率いる、統率力に秀でたまとめ役。曲者揃いの【最後の銀】を束ねられるのは彼女だけだと言われている。
気が弱い。
ある日、村中のシャーマン全員が精霊からのお告げを聞き、それに従い誰かが樹海を目指すことになる。
村のシャーマン会でジャンケンをした結果、ボスが負けたため村を出た。
樹海へ向かう途中で代表と出会い、目的地が一致したため共に行動するようになる。
見た目に反して大食いで、隊長とキャプテンの3人でアイオリスの飯屋を荒らしまわっている。


具体的な作品名は浮かばないけどどこかで見たような設定の数々。
でもこういうことを考えてみるといつもより愛着がわいてくるような気がします。
最初は折り合いの悪いメンバーも、一緒に冒険するうちに仲良くなっていくことでしょう。
そして名前だけ見ると誰が誰だかわからない。


それじゃあ明日もー、見切り発車ー!



7月9日

もう2話観ちゃったけど1話時点の感想がメモ帳に残してあったので。

ラブライブ!サンシャイン!!第1話

アニメ一期でドはまりしたラブライブでしたが
二期終了あたりで熱は冷め、映画も公開後だいぶ日が経ってから観に行きました。

一時期はそれはもう入れ込んでおり、特典CDのためにBDを買ったりスクフェス(ソシャゲ)に
かなりの時間を費やしたり、ローソンフェアでファイルをもらったりしていました。

そんなラブライブの続編、ラブライブサンシャインが放送されました。

メインキャラは

室内でそういちろうさんみたいな大型犬を飼っている主人公ちゃん。
前作の花陽ちゃんにクリソツな曜ちゃん。
前作の音ノ木坂高校から転校してきた作曲枠、転校生ちゃん。
口元にほくろのある、ですわ口調の生徒会長ちゃん。
鞄が乗っかるフラットな頭頂部を持つ悪魔ちゃん。
木に登った人間を引きずり落とすほどの声量で叫ぶ赤髪の大声ちゃん。
大声ちゃんの友達で語尾が「ズラ」のズラちゃん。
3年生で休学中のお父さんが骨折ちゃん。
まだその顔は晒さないカタコトちゃんの9人です多分。

なんと一人しか名前を覚えられませんでした。
曜ちゃんは入部届?部活申請用紙?に書かれた名前が印象的だったので覚えました。
あとルビーちゃんという名前の子がいるのは知っていましたがどの子かは分からず。髪が赤いから大声ちゃんかな?

まあストライクウィッチーズの絶望感に比べればあと8人くらい楽勝でしょう。
ストウィはサーニャちゃんのフルネームとか未だに分かりません。
なんとかアレキサンドラ・ウラジミールなんとかリトビャクまでは覚えました。

感想ですが、
なんか全体的に、μ's以上にキャラ付けが露骨というか極端な気がしました。
アイドルアニメって悪魔系やら吸血鬼系やらの中二病キャラが必須なんですかね。
アイカツにもプリパラにもデレマスにもいましたね。


今のところ生徒会長ちゃんと転校生ちゃんが気になります。

生徒会長ちゃんはスクールアイドル反対派ですが1話時点では誰よりもスクールアイドルに詳しそうです。
ムキになって机に乗り出すところが可愛かったです。
厳しい表情を見せるこの子も数週間後には満面の笑みで踊るんだと思うともう笑えてきました。
というかもうOPでノリノリで踊ってますしね。
いつのまにかネタキャラになるのは真面目キャラの宿命です。
家が網本ということで語尾が「ですわ」なのも納得……?いやそれはなんか違う気がします。

口元のほくろが無ければなお良しでした。
好きな人もいるけど個人的にほくろはイマイチです。

転校生ちゃんは4月の海に飛び込むバイタリティ溢れる女の子。
作曲をしており、海の音を知るために飛び込むのですがその際、
音ノ木坂高校の制服の下に水着を着ていました。
一話から積極的に水着を見せつけてくれる良い子です。曜ちゃんの水着は一瞬でよく分からなかったよ……。

制服を着ていた理由は、転校先の高校に手続きかなんかで用事があったからでしょうか。
新学期初日ではなくその翌日から通い始めたのはよく分かりません。
何かしらの理由で初日に来られなかったんですかね。


ラブライブには欠かせない音楽ですが、
OPと(多分一話だけの)ED曲は大満足でした。CD買っちゃうかも。
OPの最後、皆が座っている状態から走り出すときに右端で転がり落ちている子がいました。とても良いです。
一瞬の出来事だったので残念ながら誰だったかは認識できませんでした。

海の近くの田舎っぽい舞台ということで夏にぴったり。
一期と被る展開も見受けられますが、
これからに向けて主要キャラの状況を説明するオーソドックスな一話でした。


それじゃあ明日もー、見切り発車ー!!

6月30日

会社は辞めました。


パンちゃん

小学生くらいの頃は近所のスーパーの一角にパン屋が入っていて、
よく母について行ってパンを選んだものです。

今でもそのスーパーは健在ですがパン屋はなくなり、その分のスペースは
おば様方がたむろする休憩コーナーになっています。
こういう空間は嫌いじゃないです。利用したことはありませんが。

ちなみにこのスーパーはかつて私がバイトをし、2日で辞めた因縁もあります。
パンでも、いや、とんでもない人間ですね。


今日はふと、パン屋のパンが食べたくなりパン屋へ行きました。
そう遠い距離ではありませんが、体力のない私は少し自転車をこぐだけで足がパンパンです。
自転車の進みがあまりにも遅いのでパンクかと思いましたが、ただ私が貧弱なだけでした。

駐車場には車が一台止まっていました。車に関してはパン耳ほどの知識もありませんが
おそらくアルトラパンです。

中に入ると芳醇な香りと様々なパン。
まるでフライパンのように丸いパンや、パンタグラフのように菱形のパン……はなかったかな。
そうそう、パンプキン入りのパンもありましたね。

パン屋自体久しぶりなので、トングとトレーを使いこなせるか心配でしたが、
ルパンよろしくお目当てのブツをきっちり頂くことができました。

迷った末、買ったのはチキンサンドっぽいやつとジャーマンポテト的なものが入ったパンです。


元々小食なのに加えてこれが朝食だったのでこの量でもお腹はパンパン。
どちらもおいしかったのですが、特にジャーマンポテトパンがお気に入りです。
雑食でお馴染みのパンダさんにもご馳走してあげたいです。

久しぶりのパン屋パンに私は幸せいっぱいです。
この幸せがパンデミックすればよいですね。
さてパンツ履こう。


それじゃあ明日もー、見切り発車ーー!!


5月3日

幼馴染は負けフラグ

双星の陰陽師に出てくる幼馴染のまゆらちゃんがめちゃんこ可愛いです。
1話序盤でいきなり可愛さを発揮していた彼女ですが、
そのあとに「あっ、こっちがメインヒロインか」ってキャラが出てきてしまったので
敗北濃厚です。とても悲しいです。

なぜ幼馴染は勝てないのでしょうか。
なぜ外見も性格も可愛い負けヒロインを用意するのでしょうか。
研究チームを立ち上げていつか学会にて発表できればと思います。

夕方アニメで陰陽師というと陰陽大戦記を思い出します。
確かネギを持ち歩く不良がいたり、ボート部を結成したり、巫女幼女が出てきたりするアニメだったと思います。
そしてやはり(?)幼馴染がいました。名前はモモちゃんだったかな?
わけあって途中から観られなくなってしまいましたが恋のライバルはいなかったはずなので
きっと幼馴染大勝利だったはずです。競争相手いないのに勝利もなにもないけど。


さぁ話を戻してそんなまゆらちゃんが可愛い双星の陰陽師第3話がニコニコ動画で明日1時まで配信中らしいですよ奥さん!
宣伝するならもっと早く言えよって感じでしょう奥さん!


アイカツスターズ!

アイカツ新シリーズが始まって1ヶ月が経ちました。
いやぁいいですね。個人的には前シリーズよりも好きかもしれません。
1話の気絶から目覚めたあたりの雰囲気がとても良かったです。

これまでのアイカツは「変だけど良い人」ばかりでしたがスターズでは陰口という文化があるみたいです。
主人公のゆめちゃんも愚痴をこぼしたりと、前作と比べて人間味あふれる世界に仕上がっています。
そして今作は男キャラとの恋愛もある……かもしれません。
前作では恋に発展しそうでしなかったのでこれからどうなることやら。

ゆめちゃんも可愛いですが個人的にはひめちゃんが一番です。
優しくて努力を怠らない清楚なお嬢様っぽいですが、
まだ深く掘り下げられていないので実はとんでもない闇を秘めた娘である可能性もあります。まぁそれはそれで。

あとは前作のように、もっと頭のおかしなキャラが出てきてほしいところ。
なんならプリパラのあじみ先生レベルの爆弾を放り込んでもらいたいです。



フタエノキワミアッー!

最初に見たときは何とも思いませんでしたが、最近になって

「ニコニコからきましたwwヨロシクノキワミアーッ!」

がツボにはまりました。なんだよよろしくの極みって。
数年越しに笑わせてくるのやめろよ。





それじゃあ明日もー、見切り発車ーーーー!!!!




4月10日

ワクワク楽しい新生活

エイプリルフールに何かやりたかったのですが入社式が嫌すぎてそれどころじゃありませんでした。

自宅から会社まで2時間近くかかるけど全然絶望してないとか、
数年前に突然引っ越した友人にようやく連絡とれたと思ったら統合失調症を発症していたことが判明してないとか、
ドラえもんとずうっと一緒に暮らさないとか、そんな嘘をつきたかったです。

1個目に関しては求人見た段階でわかるだろって話なんですけどね。
私は神奈川県内で就職したかったのですが、大学の就職を司る軍団の方に勧められるまま東京の企業の採用試験を受け、
内定を獲得してそのまま入社することになったのです。

私は就職活動にはいい加減で、合説などには3月の段階から参加していましたが採用試験は1社受けたらしばらく休み、
気が向いたらまた受けるという感じでした。多分10社も受けてないと思います。
そんな調子なので当然年末になっても内定が無く、やけくそになっていたのかもしれません。
もう受かるならどこでもいいと思い、自宅から遠いその会社の試験を受けました。
そして受かってしまったというわけなのです。

とはいえ、完全週休2日なだけ恵まれているのかもしれません。
あくまで研修中の今、本社での話なので配属先でどうなるかはわかりませんが。

配属されたらきっと今よりも通勤時間が長くなります。
一人暮らしはしたい気持ちもあり、したくない気持ちもあり。
男心は複雑です。


東京の駅や屋外で、もう3回は舌打ちを聞きました。あの土地やばいです。
早く小説家になって会社辞めたいです。
ほかのサイトの方の新人賞に応募しているという話を聞くと(読むと)モチベーションが上がります。
ありがたいです。
とにかく一作完成させて応募しないことにはどうにもならないのでどうにかしたいです。


はぁ、鬱だ……。













からの元気いっぱい見切り発車ーーーーワァオ!!!!!!!!!!

3月18日

流れ行く

艦隊これくしょん、通称艦これをご存知でしょうか。

艦これとは戦艦を擬人化したオンラインゲームで、巷ではもう大人気なのです。
私も流行に乗ろうと、2年ほど前に登録を試みましたがサーバーが満員で始められませんでした。
どうしてもやりたいと思っていたわけでもないので、それ以降しばらくは艦これに興味を失っていましたが、
艦これのキャラの可愛い絵を見てしまい、「よし、やるか!」と思い立ったのが数日前。

さぁやるぞと意気込んで始めようとしたものの、表示されたのは満員状態のサーバー。
「おいおいまだ満員なのかーいwwww」
思わず声に出してしまいました。

しかし今回はこちらも粘り腰。公式ツイッターをフォローして、サーバーの拡張情報を待ちました。
そして本日の17時より新規で登録できるようになるとのお達しが。
ツイッター便利!

そわそわしながら17時を待ち、接続してみると少し余裕の空いたサーバーが。
どのサーバーがいいのかわからないので、一番空きの多いサーバーを選びゲームスタートです。

まず、最初のモンスター艦娘(かんむすと読むそうです)を選ぶことに。
皆可愛いので悩みましたが、五月雨ちゃんという娘を選びました。
ドジっこだけど一生懸命な娘です。
リアルで女の子を選ぶ立場になることなど一生ないので楽しいですね。

戦闘に入るとプレイヤーはただ見守っているだけのようで拍子抜けしました。
が、我が艦隊の一人が攻撃され「大破」状態になると服が破れて下着があらわになって困惑。
嬉しい反面、なんだか可哀そうで素直に喜べませんでした。
「敵に勝てて嬉しいから脱ごう!」みたいな流れなら万歳していたかも……いや、それはそれでなんかアレですね。

そういえば新しいメダロットもこんなシステムらしいですね。敵に攻撃して脱がせるみたいな。
麻雀やらブロック崩しやら、ゲームに脱衣は割とありがちな組み合わせなんですかね。

話は艦これに戻りますが、轟沈する(HPが0になる)とFEよろしくユニットをロストしてしまうということなので、
気が抜けません。

ミリタリー知識は皆無ですが今のところ楽しいです。
ソシャゲもそうですが、徐々に戦力が整っていく序盤の感じが大好きです。

いやはや、実に数年越しに流行に乗れました。
サーバーがいっぱいになっていたくらいですから、今でも流行なのでしょう。たぶん。
そういえばパズドラを始めたのも流行りだしてからだいぶ後になってからでした。
一昨年の夏でした。

ちなみに、先述した今回始めるきっかけになった絵は鹿島ちゃんというキャラのもので、
期間限定でしか入手できなかったようです。トホホ……。


目くそ鼻くそ

鼻くそのライバルは目くそよりも耳くそな気がします




それじゃあ明日もー、見切り出撃ーーー!



3月9日

クラッシュバンディクー

です。トップ絵。ダンスが割と有名ですかね。
私は2と3とレーシングだけやりました。
元々は叔父が2をやっていて、そのお下がりを頂いたのでした。

中でも特にレーシングは大好きで、私の中ではマリオカート以上の存在感を放つゲームです。

トップ絵の左にいるオヤジがネオ・コルテックス。
悪の科学者です。マリオみたいな髭を書きましたがそもそも髭はなかったような気がしています。

まんなかにいる、左を向いているのがクラッシュバンディクー。主人公です。
死因によって色々な死に様を見せてくれ、やられると悔しいけど笑ってしまう。そんなこともありました。
絵では見えませんが彼はズボンをはいていて、剣を持った敵に接触するとズボンを切り刻まれるなんてこともありました。

その右にいるのがココ・バンディクー。クラッシュ君の妹です。
私の絵ではなんか強面ですが、本物はちゃんと可愛いです。
2ではコルテックスに誘拐され、それを救い出すのがゲームの目的でした。
3では一部のステージでプレイアブルキャラとして登場しました。
ノートパソコンを持ち歩いていて、機械に強い設定だったはずです。たぶん。

クラッシュとコルテックスの間にいるのが、アクアク(クラッシュ側)とウカウカ(コルテックス側)。
アクアクは入手するとアドバイスをしてくれるほか、一度だけ敵にあたっても死ななくなり、
さらに3人集めると無敵になれる素敵なお面(CV:緒方賢一 )です。

ウカウカはなんかアクアクのライバル的な奴です。

今回やけに空白が目立ちますが、当初はほかのキャラも書くつもりでした。
ですが、人生初の無線マウスに翻弄され、力尽きてしまったのでした。


ププププリキュア

プリンセスプリキュアの最終回を観てからというもの、プリキュア熱があっちっちです。
どうにも落ち着かないのでベッドの下を探ってみると、
「タイタニック ビビッド DX3 ドキドキ」と書かれたBD(ブルーレイディスクって読むんだよ!)を発見。

ビビッドはビビッドレッドオペレーションでした。3話くらい残してありました。
DX3はプリキュアオールスターズDX3。アニマックスで放送したのを録画していたのです。
そしてドキドキというのが、お目当てのドキドキプリキュア。
序盤の3話ほどダビングしてありました。

それを観たら今度はドキドキプリキュアに大はまり。
すぐさまamazonでキュアロゼッタのフィギュアーツをポチりました。

数日後、届いたロゼッタで遊んでいたら左手首のジョイントパーツがおかしなことに。
ジョイントパーツは2つのパーツが組み合わさってできているのですが、その2つが分離。
片方は外れ、もう片方は腕にくっついたまま。どうやっても外れません。
パーツを合体させようとしても、袖?が邪魔でうまくいきません。

温めればなんとかなると思い、胴体から左腕を外してお湯につけてみましたが
やっぱり外れません。
それどころか、今度は左腕がはまらなくなる始末。なんという自滅。

こりゃ仕方ねぇということでバンダイのオンライン修理にお願いしました。
ネットで依頼してから数日後、着払いの伝票が届いたのでロゼッタを入れたダンボールと共に
郵便局へ。ダンボール取っておいてよかった。

そして先日、ロゼッタが帰ってきました。
腕も元通り、手首もちゃんと交換できます。

もう多少お金払ってもいいやと考えていましたが、今回は修理費も送料もかかりませんでした。
よかったよかった。

フィギュアーツは不慣れなので扱いには十分気を付けます。

せっかくなのであとの3人(エースは未発売)も揃えようかと思いましたが、
ダイヤモンドが1万円超えてたので思惑は瞬殺されました。

そしてロゼッタ買った人は皆思うことでしょうが、なぜロゼッタウォールもロゼッタリフレクションも付けてくれないのでしょうか。
対象年齢が15歳以上なので
「ん?それくらい自作できるやろ?ん?」ということなのでしょうか。

今はドキプリのオフィシャルコンプリートブックも欲しいのですが、19日にプリンセスプリキュアのも出るので
まとめて買おうと思ってます。

それじゃあ明日もー、見切り発車ー!



2月29日

今月ゥ~、共通テーマでしか更新してないのはァ~、
どこのどいつだァ~い?


\  ヽ  |  /  /
 \ ヽ | /  /
\         /

_ わ た し で す _
    / ̄\
―   |^o^|   ―
    \_/
 ̄          ̄
/         \
 /  / | ヽ \
/  /  |  ヽ  \

お詫び

先日の共通テーマ記事で「密林仮面剣士オドルワ」と表記してしまいましたが、
正しくは「密林仮面戦士オドルワ」でした。

オドルワさんと全国1億8千万人のオドルワファンの皆様には心よりお詫び申し上げます。
面倒なので当該ページは修正しません。



今月のトップ絵

一番でかいのがドククラゲさんです。ポケモンです。
けいおん!の秋山澪ちゃんと身長体重が「ほぼ」同じということで有名ですね。

ドククラゲさん 1.6m 55kg
秋山澪ちゃん 160cm 54kg

ドククラゲさんの右にいるのはメノクラゲさんです。ドククラゲさんの進化前です。
アニメでは巨大化して街に襲来し、人語を話せるロケット団のニャースを操って人間に宣戦布告をしていたような気がします。
頭の赤い部分からビームを出していたような気もしますがこちらは記憶違いの可能性大です。


上にいる三匹は左からしびれくらげさん、ホイミスライムさん、……ベホマスライム?さん?です。たしか。
ドラクエのモンスターです。

ドラクエのナンバリング作品はⅢのGBC版しかやったことがありませんが、モンスターズシリーズは好きでいくつかやっています。
色違いのモンスターでパーティを組むのが好きでした。

クラゲといえば、プリパラの北条そふぃさんの
「骨のあるクラゲになる」という名言が私は大好きです。

そういえば、たくさんのサイトをレビューしてくれた人が
「これまでのトップ絵見たい!」と書いてくれていた気がするので
そのうち載せます。

べ、別に言われたからやるんじゃないからね!元々そうしようと思ってたんだから!

マーボードーン

セブンイレブンの麻婆丼がリニューアルされていました。
包装ビニールに「もっとおいしくなったよ!」みたいなシールが張られていましたが、
見た限り変化しているとは思えませんでした。

しかし実際に食べてみると、味がなんかこう……もっとおいしくなっていました!
お肉もにくにくしくなっていました!う~んおいしい!

烏龍茶と麻婆豆腐を生み出した中国は尊敬しています。


プリンセスプリキュアちょっぴりネタバレ

ついにGo!プリンセスプリキュアの最終回を観てしまいました。
昨日の夜に観たのですがまだ余韻が残っています。
CMはすでに魔法使い一色で何とも言えない気分になったのは内緒。

とても良い終わり方でした。
まずラスボスにびっくり。そのラスボスとは文句のない決着をつけました。
1話から通して、夢というテーマを丁寧に扱っていましたね。

お別れのシーンにちゃんとゆいちゃんがいたのも好印象でした。
プリキュアではない彼女ですが、最後まで友達としてはるかちゃん達のために一生懸命でした。

まさかのCパートは切ないながらも前向きな彼女たちの未来が描かれていました。
ああいう演出はどうしても泣いてしまいます。

プリキュアといえばもちろん女の子が主役ですが、
この最終回で一番印象的だったのはカナタ様が思わず涙するシーンでした。

両親、妹、国を奪われても絶望しなかった彼の悲願が
ついに達成され、静かに涙を流す場面。
最後まで男前でした。

プリキュアは最終回まで観たらまた最初から観直したくなりますね。
放送期間が1年なので忘れていることも多く、「ああ、これもあのシーンにつながる要素なんだなぁ」
と改めてわかるので面白いです。

絶賛放送中の魔法使いプリキュアにも期待!

それじゃあ明日もー、強く優しく美しくGO!見切り発車ー!



1月31日

その中には贈り物と暖かさ

私は家にいるときは極力、靴下を履きたくありません。
起きたばかりの時など、どうしても寒いときを除いて履きません。

夏は暑いので当然ですが、
冬は冬でフローリングの冷たさを感じるのが好きなのです。


以前は冬になると靴下を履いて寝ていましたが、
体に良くないようなのでやめました。


一方で、外出するときは必ず履きます。
履かないと外に出るのが嫌なのです。
寒い日にはくるぶしまでの短いものの上に通常丈のものを重ね履きします。

夏でもビーチサンダルは履きませんし、石田純一スタイルになることもありません。
クロックス?を履くことは一生ないと思います。

ただ、下駄には憧れがあるのでそのへん悩ましいところです。

ところで入浴の際、足の先だけ過剰に熱く感じるのは冷え性のせいですかね。



以下ラーメンスレ


カップヌードルSIO、おいしいですよね。

「逆から読んでもSIO、おいしい!」
「逆から読んだらオイスじゃねぇ?」
「でも、SIO、おいしいじゃん!」
「たし蟹!たし蟹!」

のCMでおなじみのSIOです。

発売から数年が経ち、すっかり見なくなっていたSIOですが、売っている店を発見しました!
数年ぶりに食べるSIOはおいしさもひとしお(SIOだけにNE!)で、涙がちょちょぎれました。
現在3個ほど買い置きしております。

私は中学高校あたりまで、ラーメンと言えば醤油しか知らないラーメン知らずでした。
カップヌードルではカレーやシーフードも食べていましたが、
バーミヤンなど本格中華料理店で頼むのはいつも醤油(バーミヤンラーメン)。そんなつまらない男でした。


しかし今では違います。大人になるってこういうことなんですね。
バーミヤンで注文するのはワンタンメン。

自分の成長を誇りつつ、「これスープは醤油じゃね?」と思いつつ生きています。


PS.チキンラーメンは卵入れると途中で飽きる。




それじゃあ明日もー、見切り発っSIOーーーー!!!!




1月30日

途中からニューゲーム

漫画やアニメなどの作品は最初から追っていきたい人もいるかと思いますが、
私は途中から、または続編から入ることがあります。


マリオくんやカービィやドラえもんの漫画、涼宮ハルヒの原作を巻数ばらばらに買ったり、
ガンダムSEEDを観ていないのにDESTINYの、それも中盤から観始めたり(初ガンダム)、
ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡をやらずに暁の女神(初FE)、
テイルズオブシンフォニアをやらずにラタトスクの騎士を買ったり(テイルズ2作目)とお構いなしでした。

特にガンダムSEED DESTINYでは回想で見たこともないキャラが登場することが多くて戸惑いましたが、
「こいつらなんか因縁あんの?」「EDにしかでないこの人はいったい……」
と、前作でなにがあったのか想像するのも楽しみの一つでした。

話が進んで「あーこいつらそういう関係なのね」と判明したときや
アスランが覚醒したときはテンションあげあげでした。


後でSEEDも観ましたが、アスランこの頃から普通に覚醒してたんですね。
デコが広いのにも驚きました。
赤服のイザークとディアッカには違和感ありまくりでした。
この二人、わりとメインキャラだったんですね。


暁の女神は序盤は新キャラのみ、徐々に前作のキャラが登場する感じで、
すんなり入り込めました。

発売前にゲーム雑誌を読んで、「この緑のが主人公か!」
と思っていましたが、実際は旧主人公と緑ではない新キャラのダブル主人公でした。
ポケモンのマリルとブルーの名前を逆に覚えていたことが判明したときに匹敵するショックです。

緑のやつは主人公どころか、終盤になるとストーリー的にも戦力的にも影が薄くなっていったのでした。





途中からでも気にせず楽しんでいたのが昔の私なんですよね。
今の私は1話見逃しただけでアニメの視聴を諦めるから困ります。


そういえば、兄もファイナルファンタジーⅩをやらずにⅩ-2を買っていました。





それじゃあ明日も―、見切り発車ー!



1月29日

アイ!カツ!

アイカツ!フォトonステージ!!がリリースされました。
カードを集めてチームを組んでライブする、よくあるソーシャルでリズムなゲームです。

まだそんなにプレイしていませんが、
漢字に振り仮名が無かったり、割とガチ目な難易度だったりで
「あ、これ幼女向けじゃないわ」と感じております。


とはいっても漢字が読めないなんてさほど重要な問題ではなく、
難易度に関しても案外子どもは気にしないのかもしれません。
私自身、そんな感じで幼いころからゲームに触れてきたような気がします。
お子様にもぜひ勧めてあげてください。


そしてandroidでのみ配信されていたARIAの音ゲーがiosでも配信されました。
こちらはまだ遊んでおりません。

ARIAは1期しか観たことがありませんが、なんか集大成的なアルバムをレンタル済みで
特に夏待ちとシンフォニーという曲がお気にです。両方アニメのEDかな?多分。

音ゲーというとノリノリな曲が多い印象なので、ARIAの浄化作用たっぷりな曲で遊ぶのは新鮮でいいかもしれません。
前述の通りまだ遊んでいないので収録曲もわかりませんが多分良曲揃いです。
期待を込めて☆5つです!






それじゃあ明日もー、見切り発車ーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!




1月28日(2回目)

昨日の分は日付が変わってから書いたので本日2度目。

筋肉くれ

どれくらい前だったか、映画「マッドマックス」のCMが盛んに流れていましたね。
そのCMを初めて観たとき、

「え?マッチョマッスル?」と思ってしまったばっかりに、
目にする度、耳にする度に


「マッチョでマッスルてwwwwwwww」

「どんだけ筋肉推しwwwwww」

「マッスルキャッスルでマッチョマッスルがマッスルハッスルするのかなwwwwww?」

なんて思ってしまうのでした。

マッスルハッスルってなんなの。


友好的なチンパンジーが参上しました

私が小学一年生の頃。
六年生のお兄さんお姉さん達が教室に来てよく遊んでくれました。

そのうち一人のお兄さんが、ポーズをとって

「フレンドリーチンパンジー参上!」

と叫ぶ持ちネタを披露していたのをふと思い出しました。
文字だけでは何が面白いのかワカランチャイですが、当時の私やクラスメイトにはもうバカウケなのでした。

今になって何の気なしにググってみましたが、元ネタらしきものは見当たらず。
多くの児童を夢中にさせたあのギャグを11~12歳という若さで自力で編み出した彼は今なにをしているのでしょう。
別に気になりません。




それじゃあ明日もー、見切り発車ーーーーー!!!


1月28日

難癖付けてみよう!

一般的に、結婚式で包むご祝儀の金額にはマナーがあるとされています。

四万円、六万円などの偶数は2で割り切れてしまい、破局を連想させるのでNG。
三万円や五万円など、奇数は2で割り切れないので良し。
ただし二万円はペア=夫婦、八万円は末広がりを暗示するので良し。













何故なんだ日本じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃんんんんんん!!!!


確かに漢字だとそうだけど数字で書くと50000円も60000円も偶数だよ!
2で割り切れちゃうよ!詰めが甘いよ!!

だったら一の位で調整した方がケチつかないよ!!
50001円とかにすれば皆納得だよ!!


いじょぉう!!!!




あったか~い!

どうにも寒いので先日、股引を買いにユニクロへGOしました。

それっぽいものを見つけたので手に取ってみると、パッケージには
「エクストラウォームタイツ」の文字。


タイツ?ん?これ股引だよな……?

恐る恐る購入した結果、中身はやはり私の知っている股引。
やたらと長い横文字に惑わされるところでした。

これはただの商品名なので特殊な例ですが、服飾系の言葉は難しいと常々感じております。


いじょぉう!!!!


それじゃあ明日も―、見切り発車―!!!!


1月26日

週2~3回更新の頃には戻れないのか。

理想の男

いつの頃からか、私の中には「理想の男像」というものがあります。


1.アパート暮らしであること。2階建てアパートの2階に住んでいるのがベストです。

2.独身。恋人もいない。

3.猫と友達。飼っているのがベストですが、アパートでは厳しいか。

4.仕事は自営業やフリーランス。

こんなものでしょうか。
なんというか、社会的な地位がなくて厭世的でパッとしない男を格好いいと思ってしまうんですよね。
そのせいか私自身、パッとしない男になりつつあります。実際に格好いいかは別として。

しかし、やはり広い家に住みたいし、素敵な恋人も欲しい。猫は近寄ると逃げるし、個人で商売もできそうになし。
理想と現実の間にはギャップがあります。

ちなみに理想の男のEX条件として、
「かつてはその道で天才と謳われたが、ある理由から引退。
今では表舞台から退き、近所の子ども達に自分の専門分野の楽しさを教えながら細々と暮らしている」
というものもあります。

「その道」というのは学問、スポーツ、芸術、工作などなんでもアリです。
この条件を満たすにはまずなんらかの業界でトップクラスの成績を残す必要があるのでハードルが高い。
そしてその業界でチヤホヤされる環境を捨てなければならないのでとてもハードルが高いです。

緑色の壁

自分のサイト見ててなんか目疲れるなーと思っていたら、気のせいではなく実際に、
白い背景は目が疲れやすいようです。すみませんでした。

個人的には真っ白のほうが手抜き感あって好きですが、視力というか目に関しては
わりと本気で悩んでいるので変えちゃいました。
とりあえず緑にしてみましたが、もっと目に負担がかからないような色があれば変えるつもりです。

パソコン、スマホ、ゲームは目に悪いとわかっててもやめられない止まらないで困っちゃいますね。






それじゃあ明日も―、見切り発車―!!!!!!!!!!!!


1月9日


トップ絵だけは1日に更新してました。地味に。



美少女戦士

セーラームーンです、トップ絵。


セーラームーンと言えばお馴染みの決め台詞ですが、ムーンが
「月に代わってお仕置きよ!」 (「おしおきよ」で変換したら「押尾清」になって面白かった)

マーズが
「火星に代わって折檻よ!」

マーキュリーが
「水でもかぶって反省しなさい!」

ヴィーナスが
「愛の天罰、落とさせていただきます!」

なのは知っていますが、ジュピターはどんなのだっただろう。

「私のこの両手で 何ができるの!」
みたいな感じかもしれません。


昔やってたアニメは原作とは大幅に違って、最近やってたクリスタルは原作準拠らしいですね。
昔のアニメは何年か前にアニマックスでスーパーズとセーラースターズ(序盤だけ)を、
クリスタルも1期の中盤くらいまでを観ただけなのでにわか知識です。

キャラの服装や、スーパーズの
「今日はまもちゃんはパソコン通信が云々で~」
という台詞には時代の流れを感じました。

パソコン通信……初めて聞いた。
亜美ちゃん……IQたけぇ。
タキシード仮面様……雑魚には強いが強敵には弱い。
美奈ちゃん……可愛いなぁ。


セーラームーンをよく知らない人は
「金髪2人もいてキャラかぶってんじゃーんwwwwww」
と言ったりもしますが、ヴィーナスはムーンの影武者という設定があるらしいのでオールオッケーみたいですよ(ネットで得た知識)。


馴れ初め

私とセーラームーンの出会いは、スーパーファミコンの横スクロールアクションゲームでした。
平たく言うとファイナルファイトみたいなゲームです。
続編もあるみたいですがウチにあったのは1作目だけでした。
姉が親に買ってもらったゲームだったのでしょうが、私もちょくちょくプレイしていました。
ヴィーナスだけ攻撃の射程が長いので愛用していました。
どちらの発売が先かわかりませんが、ストⅡよろしく車をぶっ壊す場面もありました。


そんなこのゲーム、幼い私にとっては「怖いもの」でした。

その理由ですが、とにかく音楽が怖いのです。
敵キャラが怖かったりもするのですが、怖い理由の大部分は音楽です。

1面後半や最終面前半など、明らかに恐ろしい曲もあれば
2面後半のように一見大人しいのにどこか気味の悪い曲もあり、バリエーション豊富。


4面前半は悲しげな曲調、後半は勇ましい感じの曲調なのに何故か怖く、
さらにはBGMだけでなく、「先へ進め!」的な矢印が出た時のSEすら不気味に聞こえていました。
あのゲームの音楽周りはあの手この手で私を怯えさせたのです。

ただ、容量の関係か必殺技(?)ボイスがやけに早口なのが面白く、それは心のよりどころとなっていました。
あと悲しい曲が流れるなかで激しい肉弾戦を繰り広げるというシチュエーションは好きでした。

未だに「セーラームーン=怖いもの」という認識は残っていて、若干トラウマ気味でもありますが
たまに怖いもの見たさでプレイ動画を観ては「ひゃあぁ」ってなってます。

実際にプレイ経験はありませんが、
たまにクロックタワーやスプラッターハウスの動画を観ては「ひゃあぁ」ってなってたりもします。

昔のゲームって今より映像や音の制約が大きくて不鮮明さが目立つせいか、やたらと怖いですよね。
PS2の零シリーズとか、綺麗になっても確かに怖いんだけどもっと古いゲームとは怖さの種類が違うというか。


そんな感じです。

それじゃあ明日もー、月に代わって見切り発車よー!







inserted by FC2 system